50代の転職成功秘訣NAVI

*

50代の転職を手助けする大切な手段!

   

af9920070549l

1.50代の転職の難しさに直面

  ①自己分析・・新卒とは異なる、働いてきた自己分析を大まかに作成する必要があります。
  ②年齢の壁・・現在は、求人票には採用年齢が記載されていませんが、企業側としては採用年齢ラインを決めていますので、いくら履歴書を送っても空回りするだけです。
  職種と労働条件をみると採用基準年齢も大方想像できますので、求人票はよく見ることが大切です。この中でも、採用ラインなど事前に判っているのが転職サポートです。最も、必ずしも年齢だけではなく、業務内容も入ってきます。

2. 50代の方が受けられる転職サポートの種類

  ①公的サポート(民間サポートと違い全てが無料)
   ・ハローワーク
   ・高年齢者向けハローワワーク
   ・人材バンク
   ・高年齢者人材バンク

  ②民間サポート(転職希望者の対応は無料)
    ●ヒアング・面談で専任キャリアカウンセラーが着く
     ・専任キャリアカウンセラーが、就職するまで担当。労働条件交渉など細かな所まで対応しています。
     ・履歴書・職務経歴書などのアドバイス
     ・詳細な業界情報
     ・WEB上での対応等(マッチング等)
    ●スカウト依頼(難しい)
   

3.転職サポートの利用が転職には有利に働くのか?

   ①50代という年齢を考えれば、一般的の求人では中々見つからないのが通常です。それは、50代という年齢を考えますと、スキルアップの転職の方以外は、大変厳しい現状があるからです。

   ②スキルアップの転職の方は、労働条件交渉などを有利に進めることができます。しかし、リストラ、企業倒産など、突然に仕事を失った場合は、求人側もシビアにみます。頭の中が整理できない状況での仕事探しは困難ですので転職サポートの助けを借りることが何よりも早道です。

   ③初めての転職の場合は、キャリアカウンセラーのアドバイスどおり、面接に望まないケースも意外とあるため、転職サポート側としても悩ましいものがあります。求職者にピッタリの企業であっても、面接での対応などが尊大であれば決まるものもきまりません。このあたりは、キャリアカウンセラーが事前に、要チエック項目として面接者にアドバイスをしていますので、しっかり覚えておく必要があります。
 

 - 50代が受けられる転職サポート

  関連記事

af9920061463l
50代での転職は明暗がはっきりと分かれる?

50代ならではの自己分析が大切    50代で転職をする場合ですが、新規学卒とは …

xf0635088690l
転職サポートを上手く利用するには、転職サポートの見極めも大切

在職中で仕事を探しすポイント 既に退職している方と在職中の方では転職サポートとの …