50代の転職成功秘訣NAVI

*

50代での転職は明暗がはっきりと分かれる?

   

af9920061463l

50代ならではの自己分析が大切

 
 50代で転職をする場合ですが、新規学卒とは違った意味での自己分析も必要となってきます。自己分析をすることによって、自分が考えていた以外の分野や職種という選択肢も視野に入ってくるからです。具体的には、50代ですと今までと同じような仕事を探すのが普通かと思いますが、必ずしも同じ仕事につけるとはいえないからです。

 同じ仕事にこだわっていると中々、転職先も見つかりません。自己分析をすることにより、幅広い仕事を考える事ができ、選択肢も増えます。ここでいう自己分析とは、50代までに行ってきた業務内容や働いてきた企業などを洗い出していく形式が一般的です。

50代ならではの労働条件の難しさ

  50代での転職といえば、将来の年金生活なども見据えた転職となりますので、慎重に行うのが通常です。大きく分けますと下記の三点になります。

   ・さらにスキルアップしたい方
   ・既に、他社から打診がある方
   ・会社の都合など

  さらなるスキルアップや他社からの打診という好条件の方は、あまり問題がありません。しかし、50代ともなると、会社都合のケースで本人の意思とは関係なく失業というケースが多いのも事実です。また、各企業でも事情は異なりますが、業務内容と賃金が中々一致しなくなってくる、50代以上の方が多く若手が占める率が低くなってくることなどが挙げられます。会社の将来を考えますと、若手と中堅を増やしたいという現実がります。

転職サポートを利用するメリット

 
 50代からの求人というのは、極めて少ないのが現状です。その中で、表向きに公開されている求人は必ずしも50代とは限りません。現在は、求人に年齢制限(特別な要件除く)がある場合以外には設定できなくなくなっているからです。

 しかし、企業側は採用年齢を決めていますので一般的な仕事であれば50代は不利に働きます。50代では、ある程度の給与条件を想定している方が応募して来ますので、中々採用には至りません。50代でも転職活動をスムーズにするには、自らも転職活動をしつつ転職サポートも利用するのが賢い選択です。 

 - 50代が受けられる転職サポート

  関連記事

xf0635088690l
転職サポートを上手く利用するには、転職サポートの見極めも大切

在職中で仕事を探しすポイント 既に退職している方と在職中の方では転職サポートとの …

af9920070549l
50代の転職を手助けする大切な手段!

1.50代の転職の難しさに直面   ①自己分析・・新卒とは異なる、働いてきた自己 …