50代の転職成功秘訣NAVI

*

転職サポートを上手く利用するには、転職サポートの見極めも大切

   

xf0635088690l

在職中で仕事を探しすポイント

既に退職している方と在職中の方では転職サポートとの付き合い方も多少異なってきます。転職サポートは、求職者全てを対応していますが、自分に合っているのかは利用して初めて分かります。職種によっては、公的なハローワークが良い場合もありますし、民間の転職サポートを利用した場合などがあります。

在職中の転職を考えているなら

  
 在職中の方は、通常スキルアップが目的ですから民間の転職サポートを利用することが多いです。何故かといいますと、勤務していると自分では表だって動けないからです。転職サポートのキャリアカウンセラーと、事前に労働条件や勤務地など細かな要件を伝え、その条件に合致するか、ほぼ似ている案件がでた時に連絡をくれるという在職中の方にとっては、心つよい味方です。

 この条件の中には当然、50代という年齢が相手方に伝わっていますので、それでも面談したいというのは、それだけ魅力がある求職者ということです。

 転職サポートは年齢にかかわらず、利用することができますので、自分で転職活動を行っても上手くいかない方は、公的でも民間でも一度は利用してみるべきでしょう。公的の場合は、ヒアリングをして登録のみという軽易なものが多いですが、民間のサポートとなると、詳細なヒアリングを通じて、適切なアドバイスはもとより、求人探しも行ってくれます。なによりも専任のキャリアカウンセラーが付くのも、50代という転職活動の後押しをしてくれます。

民間転職サポートの主なメリット・デメリットを確認

①メリットについて
   ・50代という年齢でも対応してくれる
   ・専任のキャリアカンセラーが相談にのってくれる
   ・豊富な求人がある
   ・労働条件などの交渉をしてもらえる
   ・面接まで、企業側のデーターなどを用意してくれる

 
②デメリットについて
    ・50代は厳しいと最初から言われる
    ・専任のキャリアカウンセラーは付くが、あまり親身になってくれない
    ・50代の求人自体が少ないので求人倍率も高い
    ・求人が少ないので、音信普通になり、最終的に情報が入ってこない
    ・複数の転職サポートを利用すると、何れ連絡が入ると思い込んでしまう

 - 50代が受けられる転職サポート

  関連記事

af9920061463l
50代での転職は明暗がはっきりと分かれる?

50代ならではの自己分析が大切    50代で転職をする場合ですが、新規学卒とは …

af9920070549l
50代の転職を手助けする大切な手段!

1.50代の転職の難しさに直面   ①自己分析・・新卒とは異なる、働いてきた自己 …